理解しよう!ランチェスター戦略

第1法則と第2法則を比較

現代のビジネス構想でランチェスター戦略は欠かすことの出来ないものと言えます。
事業成功のためのヒントを「理解しよう!ランチェスター戦略」で見つけてください。

 

地域NO-1でもいいですし、No1といっても商品がNO.1でもいいですし、細分化された ニッチなエリアや分野でとにかくナンバーワンになるのが重要になってきます。

 

旧日本軍をアメリカが圧倒したみたいに広域で絶大な戦力を有効に使う必要がある。

 

強者の損害は、第1法則と第2法則を比べると、第2法則を適用したときのほうが少ない。よって、できるだけ戦力を残すように強者は、第2法則を適用する戦場で戦うべきである。
普段消費者が購買時に意識をしなければNo-1といわれている商品を手に取るのは簡単に想像でますし、業務効率もよく売れれば上がり、ナ ンバーワンにますますなっていくからくりです。
競争目標と攻撃目標の分離である、シェアでもう一つは自社に近いシェアを持つ企業を競争目標とするが、攻撃目標と実際にするのはシェアがそれよりずっと低く自社にとって勝ちやすいと戦っていく必要がある

 

敵が視界に入らない広域戦を基本的には選択し複数を一人が同時に攻撃する確率戦をチャレンジする間接的、遠隔的状況を作り出し、これにより物量の違いで包囲網をしき攻撃をする。

 

No.1主義というものが市場のシェア争いの勝ち方の一つにある。例えば極端な話だが、差別化がない競争があったとするとその業界のNo.1だけが安定して、もっとも有利な状況になると考えられてます。

 

色々な手を分野に伸ばす事で、ビジネスにおいては、他社のニッチ市場からのし上がろうとする行動を防ぐことが必要である強者のとるべき戦略は追随戦略で、広い戦場で、敵と同じ性能の武器を持ち、多対一で戦い、遠隔戦を行い、力を総動員して圧倒する事である。

 

もし貴方がランチェスター戦略のことについて調べているのでしたら是非ともインターネットをご利用されることをオススメします。
コンテンツSEOのクチコミ情報におきましても多数確認することが出来ますので、きっとコンテンツSEO情報の参考になることでしょう。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ